手作り結婚指輪カタログHOME » 手作り結婚指輪のススメ » 大切な結婚指輪を失くした場合はどうすればいい?

大切な結婚指輪を失くした場合はどうすればいい?

結婚指輪を失くす人は3人に1人!

既婚者を対象に「結婚指輪を失くしたことがありますか?」というアンケート調査を行なったところ、全体の37.5%の方が「失くしたことがある」と回答しています。3人に1人の割合で結婚指輪を失くしていることになりますので、いつ失くしてもおかしくないということです。

結婚指輪を失くす理由としては、「はずした後どこに置いたか忘れた」、「いつのまにかはずれていたことに気付かなかった」などのケースが多いです。大切な結婚指輪を失くさないためには、置き場所を決める、サイズが合わなくなったら調整するなどの対策を取りましょう。

しかし、失くさないようにすることも大切ですが、もし失くした場合はどのような方法で対処すればいいのでしょうか。指輪を失くしてしまったときの対処法について学んでいきましょう。

焦らず落ち着いて行動

①打ち明ける

結婚指輪を失くしてしまって、自分である程度探しても見つからなかったら、正直にパートナーに打ち明けましょう。言い出しづらいのは分かりますが、黙っていられることのほうが嫌だという方のほうが多いです。場合によっては、パートナーが家の中で指輪を見つけて、保管してくれていたというケースもあります。

②届け出る

外で指輪を失くした場合は、警察や駅の改札口、商業施設の案内サービスなどに紛失物の届け出を出しておくといいでしょう。親切な誰かが拾って届けてくれているかもしれませんので、見つかる可能性があります。

③排水管を調べる

室内で指輪を失くして見つからない場合は、排水管なども調べてみるといいでしょう。サイズが緩くなっていて、洗面台などで手を洗ったときに誤ってはずれていたケースもあります。指輪は重みがあるため、水に流れず排水管の中に残っていることが多いです。

 

結婚指輪を失くした場合は、このような対処法を行なうといいでしょう。また、手作りの結婚指輪の場合は、あらかじめ型取りしておくことをおすすめします。では、型取りの方法について学んでいきましょう。

紛失時の救世主「ゴム型取り」

結婚指輪を手作りした場合は、失くしたときに備えてゴム型取りをしておくといいでしょう。工房によって費用は異なりますが、ゴム型作成サービスは1つ8000円ほどで利用することができ、3年間工房のほうで保管してもらえます。

万が一、手作りした指輪を失くしてもゴム型取りをしておけば、全く同じデザインの指輪を復元することができるのです。しかし、ゴム型作成サービスは指輪が完成してからでは利用できないので、その前に依頼することが大切です。また、指輪に刻印をした場合、手で彫った文字やデザインはゴム型にも残りますが、刻印機で彫った場合は残りませんので注意してください。

手作りで作成した結婚指輪は、世界で一つだけのものです。二度と同じものを作ることはできないので、ゴム型取りをしておくともしものときでも安心です。しかし、失くさないに越したことはないので、注意してくださいね。